岡山市で医療機関の税務・会計からコンサルティングまで、トータルマネジメントを行っています

ご挨拶

当サイトをご覧いただきありがとうございます。

 

経営者の皆様にとって最も身近な良き相談者でありたいと思い続けて日々研鑽を積んでおります。
多くの先生方のご意見を聞きながら、先生方が必要としていることに一層お応えできる事務所に進化し続けていきたいと思っております。
今後も顧問先や地域の皆様に貢献できますようさらなる努力をしていく所存です。
良きご縁をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

代表 公認会計士・税理士 村川 博之

岡山市 医師協同組合 指定事務所 

当事務所は岡山市 医師協同組合 (医師協) の 指定会計事務所です。
医業に関する税務・会計を幅広くサポートいたします。

当事務所の特徴

1.医療法人・クリニックの税務

 

当事務所は、医療法人・クリニックを得意分野とし、年々顧問契約数増加しています。
当事務所の一般の会計事務所との違いは、代表税理士が直接伺い理事長・事務長にご対応していることです。そのため、これまで蓄積した経験、ノウハウを余すことなくクライアントにフィードバックすることができます。
確かに、税金計算は法令に基づいて行いますので、どの税理士がやっても結果は同じはずです。しかし、そのサービスの内容は明らかに違います。 医療会計専門だからこそ、医療機関のお金の流れ(報酬請求、経費の支払い)を理解しているため、ご相談にもスムーズに対応することが可能です。
また、同じ業種の決算を多く扱うため、情報の蓄積があり、他の診療所の経営方法など情報が豊富です。そして、利益率、人件費率の比較などを踏まえて、貴医院の経営状態に沿っていろいろなご提案をすることが可能です。

 

2.書面添付制度の利用

 

また、当事務所では書面添付制度を利用して税務調査の省略を目指しています。
書面添付制度とは、決算書の作成過程を予め明らかにしておくことで税務署の疑義を解消する制度のことです。
これにより、お客様の事業所における調査が省略されることがあり、税務調査に対する不安や負担を取り除くことができます。
税務調査は、お客様にとって
@調査対応による時間と労力の消費
A調査の対応中は営業に集中できない
B税理士への立会報酬の支払い
などのデメリットがあり、できる限り回避したいものです。
当事務所では全ての申告に添付書面を添付しているため、税務調査が入る確率が格段に低くなります。

 

※書面添付を利用した申告は現在全国で10%程度にすぎませんが、当事務所はこの制度を利用した申告を行っております。

 

3.医業承継のご相談

 

超高齢社会を迎え、当然、医師の高齢化も進んでいます。そのような現状の中、後継者不足の問題がクローズアップされています。
現在お悩みの先生方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。次世代へのバトンタッチをスムーズに行いたいとお考えになる開業医の方は今後ますます増えていくことでしょう。
当事務所は、医療法人経営者の希望にあわせて、さまざまな事業承継の形を提案します。そして事業承継後も、その医療機関が安定的に経営できるように、末永くお手伝いします。

 

4.法定監査のご相談

 

社会福祉法人・医療法人の経営組織のガバナンスの強化、事業運営の透明性の向上等を図る目的で、社会福祉法 及び医療法がそれぞれ改正され公認会計士による監査を受けることが義務付けられました。平成29年度より、順次適用を受ける医療法人・社会福祉法人が拡大されます。
当事務所では、公認会計士の立場から、監査が必要な業務体制の整備のアドバイスを行うことが可能ですのでぜひご相談ください。

 

5.セカンドオピニオン

 

現在顧問税理士がいらっしゃる場合でも、他の税理士の意見を聞いてみたい方のご相談を承ります。守秘義務がございますので安心してご相談ください。

当事務所の料金体系

当事務所では会計事務所の料金体系こそ分かりやすくということで月額料金制を採用しています。決算期に決算料を請求いたしません。
これによりお客様の毎月の支出が安定し、決算期における申告料金の請求額が平時に比べて著しく高額になるということがありません。
安定的な成長を目指すなら決算料不要の月額料金制が有効であると考えております。

更新履歴
page top